調べてみた

マイホームを手に入れたけれど、この長引く不況で思うように返済ができなくなってしまうということは、最近では珍しくないようです。
そのような場合、返済の猶予等を金融機関にお願いすることも交渉することも可能ではあるのですが、金融機関がそれについて同意する義務はないため、場合によっては、より抜本的な返済に向けてのアクションが必要となることがあるでしょう。
そのような場合、一番強力な手段は、裁判所による強制競売です。
裁判所主導で、担保に入っている物件を売薬し、それによって返済をする方法ですが、強制競売の場合には、入札によって価格が決定するため不利な売却額で大切なマイホームを手放さなければならないことがほとんどです。
それに対して、任意売却とい手段があり、任意売却であれば、市場価格での市場取引となりますので、売り手に有利な価格で販売できると言うメリットがあります。
経ないに行き詰ってしまった場合、早めに対応を考えれば任意売却というオプションも残りますので、早めの決断が必要ですね。

不動産の任意売却のメリットについて

一戸建ての住宅の住宅ローンがなんらかの理由で延滞した場合は、債務者は何もしないと大切な家を競売にかけられてしまいます。
競売にかけられてしまうと、多額の債務が残り家族の方に苦労をかけてしまう場合が少なくないと思います。
任意売却は、競売にかけられてしまう前に、債務者と債権者の間に仲介業者が入り、お互いに話し合うことで人気で不動産を売却する方法です。
任意売却のメリットは、債務者は競売よりも市場に近い値段で売却することができるので、残る債務を大幅に減らすことが出来ます。
また、債権者のほうも、迅速に多額の返済を見込むことができるので、債権者のほうにも大きなメリットがある方法だと言われています。
不動産の住宅ローンが滞ってしまうと債権者に債務を支払う義務があるので競売にかけられるよりもお互いにメリットのある方法だと言えます。
信頼できる仲介業者に依頼することで、債務者も債務を大幅に減らすことができるので残りの債務を返済しやすくなると思います。