最適なタイミングは?

任意売却を検討するタイミングは、住宅ローンを滞納したときです。
滞納する原因は、病気や失業などさまざまです。
健全な生活を送っていても、急に支払い困難になることは多いのです。
このような場合、無理した返済には注意しましょう。
節約をして支払えるならば問題ありませんが、消費者金融から借り入れてしまう方もいます。
消費者金融からお金を借りても、一時しのぎにしかなりません。
結局はローン残額を増やすことになるのです。
住宅ローンの返済はできても、消費者金融を滞納してしまえば、結局は支払い困難に陥るでしょう。
しかも、消費者金融の金利は非常に高いです。
住宅ローンとは比較になりません。
消費者金融を利用しないといけない状態ならば、任意整理を検討したほうがいいでしょう。
ローンの問題解決のコツは、早めに行動することです。
どうにかなると思って解決を先延ばしすると、必ずツケが回ってくるものです。
返済を続けるのが困難だと思ったら、弁護士や任意売却に特化した不動産業者に相談するのがいいでしょう。

任意売却の体験談

私の友人が、先日不動産の任意売却を体験しました。
任意売却?と最初は思ったのですが、友人の説明を聞いて、そんなにすばらしい資産の整理方法があるのだということがわかって、感動しました。
任意売却とは、担保のついた不動産を、不動産市場で売却して、その売価をローンの返済に充てると言う方法を言います。
返済に困ってしまうと、すぐに強制競売しか方法がないのか?というようなイメージがあるかもしれないのですが、強制競売に行く前に、任意売却という選択肢があるのだそうです。
もちろん、全ての不動産が任意売却という方法をとれるわけではありませんが、債権者の同意を得ることができるのであれば、任意売却が双方にとってよいものであるということがわかりました。
任意売却は市場での売却であるため、売却価格についても不利になることはありません。
有利に売却できれば、それだけ返済が楽になるということを意味しますから、やはり可能な限り任意売却がいいなと友人の説明を聞いて実感しました。
任意売却に関して受けてくれる相談室が全国にあるようです。また電話での総合相談窓口もあるので活用してみてはどうでしょうか。