相談はメールから

任意売却の相談はメールで行えます。
メール相談のほとんどは無料となっています。
メールという特性上、簡易的な相談に限られますが、現在の経済状況と住宅ローンの返済状況を伝えて、任意売却を行うべきかアドバイスを受けることはできます。
電話相談ならば、さらに細かい内容の相談も可能です。
こちらも無料となっています。
フリーダイヤルに対応している弁護士事務所や相談所が多いため、通話料金もかかりません。
本格的に相談するならば、やはり対面相談がベストです。
弁護士と顔を合わせながら相談できるのです。
対面することで、弁護士との相性も分かります。
任意売却をするならば、気軽に話せる弁護士を選ぶべきです。
相性が悪いと思ったら、違う弁護士に依頼することも検討しましょう。
弁護士選びでは、任意売却の実績が豊富な弁護士を選んでください。
弁護士には必ず得意分野があります。
離婚問題や交通事故に特化している弁護士よりも、債務整理(借金の問題解決)を得意とする弁護士を選んだほうが確実です。

すぐに任意売却したほうがいい人

すぐに任意売却したい人は、催告書が届いている方です。
この状態が続けば、競売の手続きに移行してしまうのです。
また、競売の前に一括返済を迫られることになりますので、催告書が届いた時点で、法律家に相談するべきなのです。
住宅ローンの返済相談は、借入先の金融機関では対処してくれないこともあります。
一般の方が交渉しようとしても、拒否されてしまうのが普通です。
自分で解決しようとせずに、速やかに弁護士に相談するべきなのです。
複数のローンを抱えている方は、特に注意が必要です。
住宅ローンは超低金利なのです。
それ以外のローンは、借入額こそ少ないかもしれませんが、金利は非常に高くなっております。
残額が少ないわりには、なかなか完済できないのです。
生活費の補填のためにキャッシングを利用しているような方は、将来的に返済困難に陥る可能性が高いです。
債権者から競売の話が来ているのであれば、すぐに対処するべきです。
弁護士に相談して、任意売却を検討するべきでしょう。